全身脱毛で起りがちなトラブルとは

クレジットカードの署名のここがポイント!

Written on 2016年12月30日   By   in クレジットカード

クレジットカードの裏面の署名は、必ずカードを手にしたと気にすぐに書くようにしておきましょう。サインレスでクレジットカード即日発行を利用できるようになっていることも増えていますが、まだまだ署名しなければならない場面もたくさんあります。

署名はアルファベットでも、漢字でもかまいません。「自分で」「自分だけの」署名が「いつも同じ状態で書ける」ということが徹底されていればよいのです。よく漢字だと海外などではまねすることが難しいので効果的、などとよくいわれていますが確認する側も海外では識別することが難しいわけですから、一概に漢字の署名が安全だとばかりもいえないということになります。

日本では印鑑が本人として確認するものという印象があり、署名ではなんとなく疑問があるものですが海外ではもちろん印鑑を使うことはありません。署名はそれぞれの人物の確認に充分なものとして認められています。

ごくまれに記号なども組み合わせて署名としている人もいます。もちろんどのような署名をしてもよいわけですから、記号の使用も不都合というわけではありません。ただ、自分が書きやすいかどうかということを確認しておきましょう。

海外に行く場合は、クレジットカードの署名とパスポートの署名を同じにしておいた方がよいでしょう。お店でショッピングのときにもパスポートの提示を求められることがあり、そのときにもしもサインがバラバラということになるとよくありません。いつもどこでも同じサインをするように、しておきましょう。